トップイメージ

融資を受けたケースは、お金を返す時には利率を乗せた支払いになるのは知っているはずです。

銀行又は金融機関は収益をターゲットにした業者なのですから必然です。

ですが返金する方は、1円でも少なく払いたいとよぎるのが本音でしょう。

利息制限法が実行される一世代前は、30%近い利子を支払っていましたが、定められてからは高額でも年間18%位とかなり低く設けられているので、随分お得になった気がします。

最近のローンの金利の幅は4%位から18%位の範囲が設けられていて、利用限度額により設けられます。

利用限度額は借り主の与信によって決定されます。

総量制限により年の収入の1/3までと定められていますので、収入がどれくらいあるのか?どんな職についているのか?クレジットの使用履歴はどうなのか?見られ与信金額としてクレジットカードの内容が決められます。

カードローンの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各会社でサービスは違います)と広い範囲があります。

こうしてその枠の中で決められた使用可能金額により利息も決まります。

50万円なら18%、300万円なら年率12%、800万円なら4%といった数値になるはずです。

結局、評価が良ければ、与信額も多くなり、金利も下がるはずです。

この利率に疑問を受けるのは私しだけでしょうか?余談となってしまいますが、銀行又は金融機関にとって、これらは問題がない事でしょうが、一年の収入の高い人がキャッシングが不可欠と思えませんし、万一借りたケースでも金利がどうであると返済に追い込まれる事はないです。

むしろ年の収入良くない人は咄嗟にお金が必要なので借り入れを行うという方がいて、金利が高いと返済に苦しむはずです。

ですから利用可能範囲の少ない人にこそ低利息で使用できるようにする必要があるのではないでしょうか。

この主張は利用する自分が置かれている立場としての考えではあります。

この事を考えると、金利を良くする為にはどうすれば良いのか何となく分ったはずです。

現にこれから述べる方法で、申し出をする人がたくさんいるので教えますと、キャッシングの申し込みをする時に、一年の収入の1/3ぎりぎりの金額まで申し込むのです。

年収600万円なら200万円。

申込みのキャッシング審査で申し込んだMAXの金額が通ればその分金利が安いキャッシングできるカードを手にすることができます。

だからと言って上限ギリギリまでキャッシングしなければいけないという事はありません。

5万円でも50万円でも必要な額だけ利用可能です。

また上限利用金額が300万円で最低利子年7%位の金融会社もあります。

その業者に手続きをすればその業者の最低利息で利用できるようになるはずです。

どうですか?やり方次第で低利率のキャッシングカードを持参することが出来るはずです。

自分自身の年収とローン会社の設定を比べて、検討する事に時間を費やせば、より良い状況で返済ができるはずなので、しっかりチェックするようにしなければなりません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.yemenifolklore.org All Rights Reserved.