トップイメージ

自動車を運転していると、「クルマを持ったままで直ぐ融資可」というような立て看板やお知らせが偶然見かけることも多いかもしれません。

こうした宣伝看板は、自動車を担保として融資するお知らせであることが多いでしょう。

車担保融資という言葉は、耳にしたことがあっても、実際、どういうローンの方法なのかあまり分かっていない人も中にはいると思います。

車担保融資とは、それほど世の中に浸透していないキャッシング方法ともいえます。

車担保融資では、愛車を担保にすることで、車の現時点の評価額を出し、その額の査定限度中で融資を原則として行っています。

通常の中古車買い取り専門店での査定と同様に、古い車や改造車であると、査定評価が低くなることがあるはずですので車担保融資の場合には意識しておくといいと言えます。

車担保融資は、「車」という目に見えたものを保障として抑える方法ですので、銀行などでローンが受けられない人でも直ぐに査定額内でのキャッシングを行えるはずです。

さらに言えば、銀行や貸金業者での融資には様々な手順や審査がありますが、自動車という自分が保有する価値のあるものを使って行うキャッシングですから、そうしたものが必要ないこともあるはずです。

近頃では、クルマを担保として融資を受けても、車を今まで通り継続して利用することが出来る車を使った担保融資も増えてきていると言えます。

しかし、このキャッシング方法の弱みとしては、自動車の査定額にローンの金額次第ですので、乗っているクルマによって、自分自身が希望する金額のローンを受けられないということも十分あるはずです。

愛車を返済ができなくなった際の保障にしますから、仮に返済自体が遅れてしまったケースは、即座に自動車を売らなければならないなどの、弱みといえるはずです愛車が日常で欠かせないアイテムである土地柄では、愛車を、返済ができなくなった際の保障とするローンの方法は、随分危険性が多いといえると思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.yemenifolklore.org All Rights Reserved.