トップイメージ
加盟店で全ての所有カードが決済可能なわけではない■カード会社の加入店舗は多くはときには5を超えるカード運営会社に入っていますが不便なことにお店でどれものブランドの所有カードが使えるのではありません。一例をあげると以前からあるショップの際にはJCBマークの書いたそのクレジットカードしか決済できない状況もあるし新しい加盟店舗の場合だとVISAとかマスターのロゴの書いたものだけしか決済不可な場面もあります。銀聯カードみたいなクレカならよけいに決済不可な店舗が増えるのではないでしょうか。何の印のクレジットカードが切れるかをどこで判断したら良いか?「じゃあどのようにして何のロゴのクレジットカードが決済可能かというのを見たらいいものか?」という質問ですが、確実に判断するとしたら店舗の店員にお見せしてみる以外ないというのが実はその回答です。だがほとんどのお店やレストランには加盟店のドアのところとかに使えるカード会社の案内がプリントされているステッカーがあるので、「ああ、そのショップはVISAカードが決済可能なんだ」という感じに分かりやすくなっているから安心していただきたい。いっぽうで、きっちりと管理が出来ていないショップで決済する場合にはロゴマークが貼られている店舗でも「現在では何々カードはお使いいただけません」という答えをもらってしまうケースもあり頭が真っ白になってしまうこともなくもないです。贅沢をいえばできる限りはより多くのお店でクレジットカードが使えるようにするためにも、異なる会社(欧米圏のブランド)がプリントされている一般的なVASA、MasterCard、JCB、アメックス、などのカードを複数枚持つようにして欲しいと思います(例として:ニコスカードをすでに持っているならダイナースカード付属のカードを持つといった方法)。とりわけ国内においては、VISA、マスターカード、JCBの3つのマークが入ったクレジットカードをいつも財布に入れておけば、おおむね99%以上の加盟店で3枚のうちどれかのカードを渡すことができます。カードをいつも財布に忍ばせて日常的にキャッシュレス生活を目指すためには、できる限り早めに少なくともこの3枚のカードを所有しておいて損はないと思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.yemenifolklore.org All Rights Reserved.