トップイメージ
為替への介入という言葉を聞いた事がありますか?日本銀行が介入して新聞、テレビのニュースインターネットなどのニュースで確認した人も多いと思います。元から外国為替市場介入(為替介入)は我が国では、大臣(財務大臣)円相場の安定を保つように実行する方法ということで見なされています。簡潔に言えば、急激な円高、円安の際に財務大臣の用命が出ると中央銀行(日本銀行)円の売り買いをして円相場の安定をさせる、ことを言います。為替介入(外国為替市場介入)とは種類があるのです。1.単独介入・・・行政や日銀が、東京での市場において市場に加わって介入を行なう。2.協調介入・・・いくつもの銀行などが話し合ったうえそれぞれの通貨当局のお金を活用して一緒もしくは続けて為替介入(外国為替平衡操作)して行く。3.委託介入・・・海外の銀行などに向けて介入の実施を委ねる。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が異国の銀行などに成り代わり為替介入を実施する。これらの方法があります。どのやり方の介入も一時、あるいはしばらくの間為替レートに多大な効果を与えると思います。外国為替市場介入(為替介入)の金額は自分の国のプライドをかけているのですから段違いなのです。円を例に考えると、普通は数銭ごとに変動しているレートが突然数円ずつの変動をします。個人投資家の人であれば一回は経験していると思うのですが、ここまでは見込み通り含み益(もしくは損失)を増やしていたポジションを持っていたのだが、持続している持ち高が決済したとの通達が外国為替の会社よりEメールが来ました・・・どれほど利益が出たのかな(損したのかな)?と思いながら決済後の通達を見たら、自分の中で予想していた状況とは正反対の結果になりびっくりしたとのパターンがよくあります。外国為替市場介入(為替介入)が実施された時によくある話です。為替介入が施行されることで、市場の動向と正反対の変動をするものです。加えて変動する額の範囲はものすごく大きく大きく変動するため注意が必要なのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.yemenifolklore.org All Rights Reserved.