トップイメージ
換金を目的にして電車等の旅券などを複数枚購入する:現金化を使用しないで自ら現金化を目的としてクレジットカードで決済をすることでも同じ事と言えます。換金するということを目的としたクレジットカードの決済というのは、クレジットカードの契約条項違反扱いとなることからです。大量の電車の乗車チケット・切手購入等でのカード決済をすると、運が悪いと現金化する目的ではないか?という風に目をつけられてしまう事例もあり得るので注意が必須です尚、使用時点でキャシング利用額というものがフルになってしまっている利用者の場合は、乗車チケットなどを購入しようとすることだけでカード会社によりチェックの電話が入るということもあるため、資金がない時の決済はさせなくなる模様。困っている際において頭をよぎることというのはみんな、同様であるのでしょう。カードの会社にとってよくない利用をすること》かなり前に話題に上がった『永久期間』であったり発行会社にとって全くプラスになり得ないような規約に違反した取引をすると、カードの会社により強制没収させられる事例などもあるのが現実です。ネットで出回っていたクレカポイントの不正な搾取など世間に流通していない手段があったとしてもそんな情報というものはクレジットのルールに反することであるからどんなことがあっても使わないようにしないほうがよいでしょう。没収させたられてしまった契約情報は他のカード会社へ流れる→クレジットを失効させられたとしても、その他のクレカについては利用可能んだから一社であれば大丈夫んじゃない??とか考える人は、昨今の情報社会にあってはその考えは信用を消失する心配もあります。その理由は、失効させられてしまうような事態にっなってしまうとクレジットカード各社各社が問い合わせ可能な信用機関というものに事故個人情報が上書きされるために利用者の信用はガタ落ちとなる可能性もあるからです。所有している一つであったとしても強制失効させられてしまえば、他社のクレジットカードまでも契約しづらくなる場合もありますし最悪今使っているクレジットカードまで没収となってしまう事例もあり得るでしょう。強制退会されずに引き続き利用できるケースでも使用期限満了の時に継続できなくなると考えられます。とにかくしつこく言いましたが、強制退会という扱いになるような利用は絶対なさることのないよう、規約に則ってクレカをご使用頂きたいと思う。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.yemenifolklore.org All Rights Reserved.