トップイメージ
外為ビギナーが為替相場の重要なところを見つけるには最初に注文を重ねる事が不可欠です。とりわけ、未然にリスクを気付くようにするには、負けを重ねる事も体験のひとつです。もちろん、ミスをするといっても、元に戻せないほど大きな負けをする事は話になりません。取り返しが付く間違いを何度か体験することが、結果として自身のレベルを上げてくれます。これを考えると、初めは少ない額で投資して、それによっていくつかちょっとした失敗をすることが大切です。ひとつの例として、100万円だけしか資金がない状態で、はじめから少しも残さないで投資して注文すると、ミスした時、永遠に元に戻せない心配があります。それよりは、10%ずつ売り買いしてそこで売買を積んだ方が段々と負けを減らす方法なども身についていくはずです。まず最初に少額資金で売買する事の価値は先に記したように、取引経験を増やし間違いをコントロールする手段を覚える事にありますがエントリーの回数を重ねて危険を減らす事ができるという長所もあります。仮に、1回の売り買いで儲けられる可能性が5割だとします。言い換えると、同じく二分の一の確率で損する危険性もあるということになる。勝率5割ということは。半分の率で儲けられる事を表現しています。だがしかし、全部の投資資金をつぎ込んで1度のみの仕掛けをするということは明確な勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。そのままでは1回だけのギャンブルと同じです。結局のところ、全てのお金を投資して1回のみしか売買しないと、これだけでは大損する可能性が高まってしまうのである。それだけに、資金を全て投資するのではなく、いくつかに分割して投資経験を増やす事がリスク管理となります。ただ数回に分けたとしてもすべてにプラスにする事は重要ではありません。正確に言うと、勝つことが出来ないのが現実です。投資で大切なのは、どのくらい稼ぐかです。勝ち負けが同じでもまた5割以下でも利益を出す事は出来ます。負ける確率が高くてもマイナスが小さければ3割の勝ちの利益の大きさだけで十分儲けられる。それには、損失を小さく、利益を大きくを心がけることだ。損が出たら間髪を入れずロスカットしてそれとは反対にプラスになる場面では上手くプラスにする事が、FX投資をはじめたばかりの方がFXで利益を上げる極意です。

リンク

Copyright © 1998 www.yemenifolklore.org All Rights Reserved.