トップイメージ
店舗でいずれもの保有カードが使えるわけでもない▼カードの加盟店は多くの場合、たくさんのカードに加盟していますが、ちょっと不便ですがどれもの商店で全部のサービスの所有カードが使用可能なんではありません。つまり旧態然とした加盟店の際にはJCBの印の付いたカードしか使えないときもありますし、この頃のショップの場合ビザやマスターカードのロゴのついているカードのみしか使用できない場面もあるでしょう。ディスカバーなんかのカードの場合は、いっそう使えないお店が増えるはずです。どのクレカが決済可能かというのをどんな方法で確かめたらいいか?「だったらどのような方法でどの印のカードが決済できるかを判断したらいいものか?」といっても、確実に確かめるにはお店の人に見せてみるほかないというのが残念ながら正解。とはいっても大抵のお店やショッピングモールには分かりやすい部分に決済可能なクレカ会社の案内がプリントされている認証マークがあるから、「そうか、このお店ではアメックスが決済できるのだな」というふうにわかるようになっているため確認しておいていただけると思います。しかしながら、しっかり案内が出来ていないショップの場合にはマークが掲載されている場合でも「今は××クレジットカードはご使用いただけません」等の回答をされてしまう状況もあるわけでメンツをつぶされてしまうこともなくもないですね。そこで、できる限りより多くの店舗で切れるようにする目的で異種のロゴ(国外マーク)が書かれている一般的なマスターカードダイナーズアメリカンエキスプレスカード、ライフカード、というようなカードを2枚以上は財布に入れておくようにするとよいと思います(例:JCBを契約しているなら他方はアメリカンエキスプレスカードがついているクレカを持つ等)。国内使用のみならVISA、MasterCard、JCBカードの入っているカードをその都度使っていれば間違いなくほとんどの加入店でいずれかのカードを切るよう準備万端というわけです。クレカを使いこなして日常的にスマートな支払いを継続していくには、しっかりとこれらのクレカを作っておいて損はないと思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.yemenifolklore.org All Rights Reserved.